視野を広げ変化の兆しをとらえる書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」(セレンディップ)を運営する株式会社情報工場(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井 徳久、以下情報工場)は、「はじめに選んでいただける店」をミッションに書店を展開する株式会社ブックファースト(本社所在地:大阪府大阪市、代表取締役:庄司 和人、以下ブックファースト)にて、9月28日より11月10日まで、ブックファースト新宿店において「SERENDIP厳選書籍フェア」を展開しております。

SERENDIPは、テクノロジー等の進化により人々の価値観やライフスタイルが大きく変化する中で、新しい視点や変化の兆しを知ることのできる良書を厳選し、そのハイライトを10分程度で読めるダイジェストにして配信するサービスです。現在、日本たばこ産業、NTT東日本、三菱商事、富士フイルムなど250社に導入され、8万人超のビジネスパーソンが利用しています。

ブックファースト新宿店では、2015年2月より、SERENDIPのダイジェスト配信と連動して書籍を陳列した「SERENDIP棚」が常設されています。思いがけない良書と出会えると好評なことから、毎年秋には過去1年間にSERENDIPで配信した書籍を一同に並べるフェアを約1ヵ月の間、開催しています。書棚4棚分を使って行われるこのフェアは今年で5回目を迎えます。

今回は、「良書でセレンディピティを」をテーマに、SERENDIPで配信した内の148冊を「考」「知」「動」「新」の4つの視点から分類しています。

・考 ― thinking(発想、思考)
・知 ― knowledge(トレンド・社会)
・動 ― action(仕事、働き方、ビジネス)
・進 ― future(未来、革新、これから)

お客様に4つの視点を切り口にして選書いただける他、約30の書籍には出版各社の担当編集者による、ここでしか見られないオリジナルコメントをPOPにして陳列。担当編集者ならではの視点から、読者の方に知っていただきたいポイントやメッセージ、制作にかけた思いを知ることができます。「SERENDIP棚」では、普段手に取らない良書との出会いを提供いたします。

ブックファースト新宿店 SERENDIP厳選書籍フェア -良書でセレンディピティを-
【開催概要】
期間:2019年9月28日(土)から11月10日(日)
場所:ブックファースト新宿店 地下1階