幅広い視野と創造力を養うための書籍ダイジェスト配信サービス「SERENDIP(セレンディップ)」を運営する株式会社情報工場(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井徳久、以下情報工場)は、「はじめに選んでいただける店を目指して」を企業理念として書店を展開する株式会社ブックファースト(本社所在地:大阪府大阪市、代表取締役:庄司 和人)にて、2020年10月3日(土)から11月13日(金)まで、ブックファースト新宿店において「SERENDIP厳選書籍フェア・2020」を展開しています。

「SERENDIP」は、広い視野と想像力を養う「きっかけ」として、様々な分野から厳選した書籍のハイライトを週4~5冊、10分程度で読めるダイジェストにして配信するサービスです。現在、日本たばこ産業、NTT東日本、三菱商事、富士フイルムなど約250社に導入され、8万人超のビジネスパーソンが利用しています。

ブックファースト新宿店では、2015年2月より、「SERENDIP」のダイジェスト配信と連動して書籍を陳列した「SERENDIP棚」が常設されています。思いがけない良書と出会えると好評なことから、毎年秋には過去1年間にSERENDIPで配信した書籍を一堂に並べるフェア(書棚4棚分)も常設棚と並行して行っており、今年で6回目を迎えます。

コロナ禍によりビジネス環境の不確実性や複雑性がより一層拡大した2020年、今回は「普遍×変化の兆しーセレンディピティを起こす150冊」をテーマに掲げ、「SERENDIP」で配信した内の150冊を「驚く」「深める」「乗り越える」「見通す」の4つの視点から分類し陳列します。また、担当編集者46名から、読者の方に知っていただきたいポイントや制作への想いといったコメントもPOPで設置。「SERENDIP」では、普段手に取らない良書との偶然の出会いを提供いたします。

<開催概要>
ブックファースト新宿店 SERENDIP厳選書籍フェア・2020 「普遍×変化の兆しーセレンディピティを起こす150冊」
期間:2020年10月3日(土)から11月13日(金)
場所:ブックファースト新宿店Aゾーン・新刊話題書エリア

▽テーマ
・ 未知に驚く    ― 意外性・発想・好奇心
・ 洞察を深める   ― 歴史・探求・問題発見
・ 危機を乗り越える ― 改革・リーダーシップ・サステナビリティ
・ 未来を見通す   ― トレンド・変化の兆し・予測

また、本フェアの開催中に、店頭に設置したブックファースト新宿店限定の専用クーポンコードをご入力のうえ有料会員にご登録いただいた方は、購読料が20%OFFになるキャンペーンを実施しています。