“ビジネスパーソンの視野を広げ発想力を養う”書籍ダイジェスト配信サービス「SERENDIP(セレンディップ)」を運営する株式会社情報工場(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井徳久)は、株式会社八重洲ブックセンター(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:山﨑 厚男)が展開する「八重洲ブックセンター本店」にて、2021年9月18日(土)から10月31日(日)まで、「思わず誰かに教えたくなる!ビジネスパーソンがひらめく100冊」と称したブックフェアを開催します。

本フェアでは、ベストセラーやロングセラーだけではない、“思わず誰かに教えたくなる”をコンセプトに、ビジネスから教養まで様々なジャンルの隠れた良書を、これまでSERENDIPで配信した中から、さらに厳選し紹介しています。
フェアの構成は、1)“ビジネスパーソン力を上げる「感性・知識・人間力」”を軸にキュレーションしたコーナーと、2)SERENDIPの法人ユーザーが注目している書籍を、商社や総合電機メーカーなど8つの業界別に紹介したコーナーの2つで展開しています。

 「SERENDIP」は、様々な分野から厳選した良書のハイライトを週4冊、10分程度で読めるダイジェストにして配信するサービスで、オンラインライブラリでは、今まで配信した全ての書籍ダイジェストが読み放題となっています。SERENDIPは特にその選書に定評があり、ユーザーから「自分が気づいていなかった新しい発想にたどり着くテーマや、自分では知りえなかった隠れた良書」に出会えるとご好評いただいています。

<開催概要>
フェア名:「思わず誰かに教えたくなる!ビジネスパーソンがひらめく100冊」
期間:2021年9月18日(土)から10月31日(日)
場所:八重洲ブックセンター本店

■「思わず誰かに教えたくなる!ビジネスパーソンがひらめく100冊」キュレーション構成
(1)ビジネスパーソンの力を上げる「感性」「知識」そして「人間力」
アフターコロナにおける、ビジネスパーソンの力を上げる3つの要素として「感性」「知識」そして「人間力」に注目し選書しました。
・冴える感性 ~「発見」が「創造」を生み、飛躍へといざなう~
・深まる知識 ~科学と技術、ビジネスモデルを武器に~
・広がる人間力 ~意志と哲学を持って描く、未来像~

(2) 8つの業界別 SERENDIP閲覧ランキングからの選書
2021年1月~8月の期間において、法人ユーザーにダイジェストがよく読まれた書籍を、下記の8つの業界ごとに抽出し紹介しています。業界ごとに注目される書籍の特長が出ています。

<取り上げた業界と紹介例>

<ブックフェアの特典>
八重洲ブックセンター本店で配布のチラシからSERENDIP有料会員にご登録いただいた方に、以下の特典を付与します。

■SERENDIP購読料20%OFF
店頭に設置した八重洲ブックセンター本店限定の専用クーポンコードをご入力のうえ有料会員にご登録いただいた方は、購読料が20%OFFになります。

<SERENDIPサービス概要(https://www.serendip.site)>
提供内容:厳選した書籍のハイライトを10分程度で読める3,000字のダイジェストにして配信
提供方法:サービスサイトでの提供。新着ダイジェストはメールでプッシュ配信
配信頻度:週4回(国内書籍3回、海外書籍1回)
価格  :個人 定価33,000円/年(税込) ※月あたり2,750円
法人 10名15,400円/月(税込)~(ご利用人数によりボリュームディスカウント)