日本経済新聞社と運営する「ひらめきブックレビュー」。5月号では、『両利きの経営』『謝罪力 仕事でも家庭でも「問題解決」に役立つ本』など8冊をご紹介。

■紹介した書籍

【NIKKEI STYLE】

  1. 両利きの経営 東洋経済新報社 チャールズ・A. オライリー/マイケル・L. タッシュマン
  2. シェアライフ  新しい社会の新しい生き方 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 石山 アンジュ
  3. 知的生産術 日本実業出版社 出口 治明
  4. 美術は魂に語りかける 河出書房新社 ジョン・アームストロング/アラン・ド・ボトン
  5. YouTubeの時代 動画は世界をどう変えるか エヌティティ出版 ケヴィン・アロッカ
  6. ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか? ~脳化社会の生き方~ 扶桑社(扶桑社新書) 養老孟司

詳しくはこちらから

【ひらめきブックレビュー】

  1. 謝罪力 仕事でも家庭でも「問題解決」に役立つ本 日経BP社 竹中 功
  2. 1億稼ぐ子どもの育て方 主婦の友社 午堂 登紀雄

詳しくはこちらから