日本経済新聞社と運営する書評サイト「ひらめきブックレビュー」。10月号では、『仕事消滅』など人工知能が近未来の社会や仕事に及ぼす影響を描く本をはじめ、8冊をご紹介。

■紹介した書籍

  1. なぜ「近大発のナマズ」はウナギより美味いのか? 光文社 山下 柚実
  2. 未来の年表 講談社現代新書 河合 雅司
  3. AIが神になる日 SBクリエイティブ 松本 徹三
  4. 超・検証力 大和書房 高野 研一
  5. マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術 ダイヤモンド社 澤 円
  6. 日米がん格差 講談社 アキ よしかわ
  7. 純ジャパニーズの迷わない英語勉強法 小学館 上乃 久子
  8. 仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること 講談社+α新書 鈴木 貴博

詳しくはこちらから